睡眠>男女の睡眠の違いを知ろう




男女の睡眠の違いを知ろう


男性と違って、女性にはホルモン分泌のサイクルがあります。
約一ヶ月の周期で、ホルモンのバランスが原因で睡眠時間や眠りの深さが大きく変化します。
より正確にいうと、月経は一般的に28日周期です。
月経が終わった日から数えて14日間(28日サイクルの前半)は女性は心身ともに活動的になり、
睡眠時間は自然と減ります。
28日サイクルの後半(次の月経に近づく14日間)になると、
体がだんだんだるくなってきて、昼間から強烈な睡魔に襲われることになります。
また、精神状態は不安定となり、睡眠の質が下がって睡眠時間も不規則になります。


女性のほうが男性よりも睡眠時間は短い傾向にある。
特に乳幼児がいる場合は、男性よりも1時間近く短くなる。

女性のほうが睡眠と覚醒のサイクルが短い。
また深い眠り(ノンレム睡眠)の時間が男性より短い。
自分の赤ん坊の泣き声に敏感に反応し、朝型が多い。



女性のほうが不眠になりやすく、特に年配の女性は睡眠に関する悩みを持つ人が多い。
更年期障害が原因で睡眠不足になると、落ち込んだり気分の変化が激しくなる。

女性のほうが、恐い夢を見ることが多い。

女性のほうが、眠りは深く、短く、効率的。
女性ホルモンは睡眠物質のセロトニンの分泌を助けるため、
男性よりも深く眠ることができる。
短いけれども深い睡眠によって効率的に脳の疲労回復を行っていることも、
女性のほうが寿命が長い要因のひとつだと考えられています。

女性のほうが、寝言を言うことが多い。




男女別の睡眠時間の統計を見ると、女性のほうが30分ほど短くなっています。
これは家事をするのが、いまだに主に女性であることが多いことが原因と言われています。
しかし、そうした社会的役割の違いが原因で男女の睡眠に差があるのだとすれば、
現代社会では女性の活躍の場も増えていますから、
こうした睡眠の男女差は将来的に縮んでいくのかもしれません。

睡眠

トップページ
質の良い睡眠について
睡眠で得られる効果とは
知っておくべき睡眠のメカニズム
あなたはどんな睡眠のタイプ?
あなたにあった睡眠時間
睡眠不足ってどういうこと?
昼寝はいいのか、悪いのか
睡眠時の気になる症状チェック
寝相で知る、あなたの心理
あなたはどんな寝言を言っているか
よく寝れる寝室のつくりかた
眠れる寝具とは?〜ベッド編〜
眠れる寝具とは?〜まくら編〜
眠れる寝具とは?〜掛け布団編〜
眠れる寝具とは?〜パジャマ編〜
眠れる寝具とは?〜睡眠グッズ〜
寝る前にこれをすれば快眠へ!
目覚まし時計を上手に活用する方法
早寝早起き♪体内時計の作り方
大事な時のための眠気対策法
気持ちの良い睡眠の為のリラックス法
ストレス解消で快眠を得る方法
睡眠に効果のある食べ物とは
睡眠に大切なお風呂の正しい入り方
大敵?!睡眠の質を落とすタバコ
不眠による目のくまの解消法
睡眠と金縛りの関係について
いびき・歯ぎしりに要注意!対処法
気持ちの良い目覚めを得る為に
理想の朝型人間になる方法
朝の時間を上手に活用しよう
眠気をコントロールする方法
これでぐっすり!おすすめの快眠レシピ
気持ちいい二度寝で元気になれる
眠気対策!マイクロスリープを使いこなす方法
夏の寝苦しい日の睡眠対策!
ぐっすり眠ろう!冬の寒い日の睡眠対策!
素敵な夢をみるための方法
寝る前に飲もう!快眠ハーブティ
人気のアロマテラピーで快眠促進しよう
快眠へ導くおすすめの音楽
ストレッチをして快眠を得る方法
眠りをコントロール?!自律神経訓練法
あなたは大丈夫?夢遊病の危険
男女の睡眠の違いを知ろう
海外に行く人へ、時差ぼけの対策方法
よりよい眠りを目指すなら笑いましょう

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system